日本数学会,日本物理学会共催

市民講演会

日時:2008年3月22日(土) 14:00 - 16:30
場所:近畿大学本部キャンパス内 11 月ホール 大ホール

(近鉄大阪線 長瀬駅から徒歩15分)
アクセスはこちら 近畿大学構内地図はこちら

どなたでも参加できます.数学や物理学は現代の生活を根底で支えるだけでなく,未来の技術革新の種を研究しています.それを楽しく実感し生きた数学や物理学に触れる貴重な機会です.中学生・高校生も歓迎です.多数お誘い合わせの上,ご来場下さい.

プログラム

第1部 14:00〜15:00

講師:知念 宏司(近畿大学理工学部)

講演題目:「誤り訂正符号の話 〜情報理論60周年〜」

講演内容:携帯電話,コンピュータ,CD プレーヤーなど,身の回りには数多くのディジタル機器があります.これらのディジタル機器がうまく動いてくれるのは「誤り訂正符号」というものが働いているおかげです.今年は情報理論の基礎を築いたとされるシャノンの論文が発表されてからちょうど60年.そこで本講演では,ディジタル方式で情報を記録する仕組みから誤り訂正符号の考え方までを,やさしい数学を使って解説します.

第2部 15:30〜16:30

講師:根本 香絵(国立情報学研究所)

講演題目:「量子情報処理 〜量子で変わるコンピュータと暮らし〜」

講演内容:さまざまな不思議な現象に満ちた,量子の世界.気まぐれとも思われる量子の性質は,これまで情報処理には厄介なものとも考えられてきました.量子情報処理は,この量子の不思議さをうまく操って安全な通信や高速な演算などを行おうというものです.量子の世界から,それが可能にする新しい科学技術の将来を展望します.

日本数学会 2008 年度 年会

日本数学会・日本物理学会

合同講演会

市民講演会のご案内

近畿大学理工学部理学科・数学コース

 

近 畿 大 学