学部教育

理工学部理学科・数学コースの教育の特徴

近畿大学理工学部理学科数学コースは、大阪府内の私大の中でも数少ない、数学を専門に学べる学科です。数学研究の第一線で活躍する教員による指導のもと、多彩なカリキュラムで基礎から応用まで幅広い知識を習得できます。

さらに、当コースでは、数学を通して『論理的思考力総合的判断力、問題解決能力を身につけ、人生を自ら切り開くことのできる学生』を育てます。

そのため、1学年から少人数ゼミ形式で行う「基礎ゼミ」、1学年から3学年までは複数の教員・TAによる双方向型学習科目である「数学講究」といった学生と教員の距離が近い授業が基幹科目になっており、学生一人一人が教員を質問等で占有できる時間をできるだけ多く取っていることが特徴です。このような対話形式の授業やプレゼンテーションの機会を豊富に用意しており、従来の一方向の講義では困難な、学生の理解度の合わせて自らの「やる気」を引き出す努力をしています。

また、3学年の「数学講究」(教員志望クラス)では、3年生が1年生の演習を補佐し教えることで自ら学び、教育実習を想定した実践経験を積む機会も提供しています。

教育内容についてはカリキュラムシラバスを参照してください。

数学コース教員の著書・翻訳・編集

カリキュラムポリシー
(教育課程編成・実施の方針)

理学科数学コースは、大きく分けて3つの純粋数学の分野である代数学・幾何学・解析学の学修を通して、あらゆる科学の基礎をなす数学の素養を身に付けた人材を育成することを目指します。同時に少人数制のゼミや対話形式の講義やプレゼンテーションの機会を多く用意して、実際に社会へ出て、社会の発展に貢献し、社会をリードすることができる人材の育成をも目指します。このために、次のような項目に基づいたカリキュラムを設定し、遂行します。

数学の専門科目において、基礎的・基本的な知識の修得を重視するとともに、レポート作成、論述など知識や技能の活用を図る学修活動を充実させます。
複数教員によって担当され、1学年から3学年に修得する必修科目である「数学講究(1)~(8)」を通して、専門科目で修得した知識や技能を相互に関連づけながら講義・演習することにより、質的な充実を図る機会を持ちます。また、その中で教職志望の学生のために、数学教育の実践を行うための機会を提供します。
段階的な進歩を図るカリキュラムを通して、数学的な思考力・判断力・表現力などの体系的な育成の機会を提供します。
多角的な視野に基づく問題解決能力は、最も望まれる数学的能力の一つです。代数学・幾何学・解析学の垣根を越えて達成される、そのような数学的能力を引き出せる教育を目指します。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

理学科数学コースは、理工学部における教育目標に基づいて、所定の単位を修得した学生に学士(理学)の学位を授与します。しかし、ただ単に単位を取得させるだけでなく、社会に貢献できるどのような人材に育ったか、さらにはどのような人物に成り得たかは特に重要な意味を持ちます。数学の学修や研究を通して、そのために次の4つの項目において挙げられる目標を達成することが最も望まれることです。

1.
関心・意欲・態度
  1. 自主的に、継続的に数学の学修ができること
  2. 数学がすべての科学の基礎であることを認識・理解し、数学的に正しい表現を用いて論理的に説明する能力を身に付け、それを社会へ発信できること
2.
思考・判断
  1. 数学的な論理や思考に基づいて、明晰かつ客観的に議論できること
  2. 大局的な思考方法を身につけること。同時に局所的な思考を集約することにより、大局的思考が結論づけられる能力を身につけること
  3. 集団の中において、コミュニケーション能力を駆使して、個人の役割を認識することにより、集団への貢献とのつながりを見いだし、自主的かつ協調的に行動できること
3.
技能・表現
  1. 自分の論点や考え方について、論文や口頭で分かりやすく発表し、従来の考え方に新しい視点を与えたり、新しい方策を提案できる能力を身につけること
  2. コンピュータを用いて、数学的な論理性や現象などの裏付けを実証し、それを解説したり、処理する能力を身につけること
4.
知識・理解
  1. 数学的思考や論理がさまざまな科学や科学技術の中で応用される意義を説明できること
  2. 数学のさまざまな分野の有機的なつながりを実践的な問題の解決を通して理解し、そのための応用能力を身につけること

アドミッションポリシー